お盆の話-2021-

あいにくの雨でしたが平和供養塔にも多くの方がお参りに来られました。

 今年もお盆の時期となり、例年晴れることが多い米沢のお盆ですが、今年は珍しく雨が降り涼しいお盆となりました。午前中はお寺へ来た方に温かいお茶をお出しするほどでした。

 13日が大雨の予報もあり、12日から多くの方がお墓を訪れご先祖様にお参りしていかれました。諸事情によりお墓参りに来られない方にはお寺のほうでささやかなお花を立て、供養させていただきました。

 あいにくの天気の中ではありましたが、多くの方がお墓参りにいらっしゃる中、年々比較的若い方が多くお参りに来られてると感じます。

 以前であればお爺ちゃんとお婆ちゃんの付き添いで仕方なく、といった感じでお参りに来られる若い方が多かったように思いますが、ここ数年は率先してお墓参りを計画し、しっかりとお墓の掃除を行う若い方が多くなってきており、お墓参りの世代交代が多くみられるようになりました。

 

 以前にもお知らせした通り、当寺ではお盆のお墓参りや御法事などにはお子さんを連れて参加してください、とお声がけをさせて頂いておりました。

 幼いころからご先祖様を敬い、お墓参りすることが大切なことだと教えて頂けるようにとの思いからの声がけですが、30年が経ちお孫さんの代になってもしっかりと受け継がれていることが大変嬉しく思います。

 9月にはお彼岸もございます。お盆のお墓参りに来ることができなかった方もお子さんを連れてお墓参りし、ご先祖様を大切に思う気持ちを受け継いでいっていただければと思っております。

 

 今年5月には大力和尚恵秀の墓碑を新たに建立いたしました。

 お参りし、中にある墓石を3度撫でて頂くことで恵秀の大力が授かると古くから言い伝えられております。お墓参りの際には是非お参りしてください。

 

合  掌